クソな自分記録

卒業旅行の話が出てる。
心の底から楽しめる旅行にしたい。


そのためにも今は就活を頑張らないといけない。
俺一人、無い内定とか卒業しても卒業しきれねえ。
来週土曜日が最終面接。受かれば公務員、落ちれば浪人。


今は何をやっても頭に色々よぎって集中できない。
もう正直、いっぱいいっぱいだ。
会う友人にいちいち説明するのも嫌だ。
やたらめったらに励まされるのも嫌だ。
こんなことを思ってしまう自分も嫌だ。
人生の中でも今の自分はマジで最高峰のクズで余裕が無い。
心配されないよう元気よく振舞うフリをするのはもう疲れたんだ。


大人になると一日の間隔が短くなるって言うけど、
今はたまらなく一日が長くて重い。

いよいよW杯決勝ですね。
オランダvsスペイン。好カード過ぎます。


ちょっと残念なのがスペインのチーム構成。
ほぼ全員がバルサとレアルってちょっとさびしい。
確かに強いのは分かるんだけどさ、なんだかな―。


たとえば日本代表が鹿島とガンバのみだったらサポーターはどう思うんだろう。
チームの垣根を越えて、素晴らしい選手が自国の誇りの為に一堂に会して
それを名将と呼ばれる監督が個性をつぶすことなくまとめ上げる。
そういったのがナショナルチームだと思うんだよね。


まぁ犬猿の仲の両チームが協力してる時点でスペインの人々にとっては
「やべー、たまんねー」ってことなのかもしれません。
もしくはアンチの声も「勝利」によってかき消したと考えるべきか。
自国のチームが躍進すれば「こまけぇこたー気にスンナ」になるし。
日本とか日本とか。勝利は最高の薬物。


ともかく決勝戦が素晴らしい試合になることを期待したいです。
ドイツ大会みたいに頭突きがメディア独占とかは勘弁してほしいなぁ。
アッズーリの優勝を完璧に食いつぶしてて、可哀そうだった。


個人的にはトーレスが決勝ゴール決めてくれたら嬉しい。
リヴァプールのエースであることを今一度示してほしいです。

ここ最近は研究室ばかりです。
ちょっと気分転換に生協へ行ったら友人と遭遇。


友「やあやあ我こそは○○研究室の期待の星、友である。」
俺「げえ!友!」


今日も暑いけど元気にやってます。
そんな馬鹿二人。

ツルツルしてカラフルなイスだなぁと気になってたものが実は加湿器でした。
お久しぶりです、こんばんは。


公務員浪人フラグが立っております。
まだ試験は三つあるんだけど正直ひどいです。
落ちたら落ちたでその時はしゃーないものだと思ってる。
とりあえず今はあがいてみる。
もしダメだったら色々な資格を取って来年に活かしたいと思います。
自分の魅力を一つでも多く獲得出来たらいいな。今更ですけど。
自分が必要な人間だと認めてもらうのは思っていたよりも難しい。


自分の将来は非常に厳しいものですが、
このご時世、うちの大学全体でも就職状況が非常に厳しいようです。
一昨年までは学部卒でも就職率99%とか謳っていたのに…。
同級生の間でも就活ドロップアウト組が続々と院進学に切り替えてます。
道がある、自らを改善する時間がある自分たち四年生はまだ救いがあります。
当時売り手市場だったのにそれを蹴って院進学したM2が一番の被害者。
院生でもまだ1/3が決まってなかったりします。
先日にはなんとも居た堪れない悲しいこともありました。
毎年誰かしら飛んでるんですよね…。
四人に一人が留年・退学してしまうような大学ですから、
(自分の代も24%が四年生にストレートで上がれていません…)
もともとそういう気持ちが起きやすい環境なのかもしれません。
にしても大学側の「生徒抹消処理」の早さは超一流でした。


人間諦めたらそこで終了です。
壁にぶち当たった時に自分を変えられることで乗り越えられるものなら
それはただの壁じゃなくて自分を変えなさいっていう半強制的な登竜門だと思う。
ただ今の学生は乗り越える力を持っている人が少ないんだと自分も含め感じます。

「歌ってみた」の動画にはまっています。
最近まではサッカーのハイライトと作業用BGMオンリーだったんですけどね。
ほら、ニコニコって見始めると一日それだけで終了とかあるんで…。
その時は楽しいんですけど振り返るとすごい残念な気持ちになりますw

そんなんで自重してたんですが、たまたま友人のipodを聞く機会があって。
一発で心持ってかれた感じですw
歌い手さんも曲自身もレベルが高いんですね。びっくりしました。


この二曲が予備校からの帰り道テーマソングです。
京王線、俺も利用してます(;O;)
すーっと心にしみわたる感じがたまらなく好きです。

D
D

―――食堂前―――


友A「試験期間中だからカツだね、カツ!」
オレ「よーし俺はカツカレーにするかな」
友B「なら俺も―」
友C「…うーん、じゃあ俺も!」
AB俺「どーぞどーぞ!」
友C「どーもどーも!」


―――食堂―――

全員「いただきまーす!」パチン
オレ「しまった、カツにソースかけ忘れた…」
友A「お前はカツカレーのなんたるかを分かってないな!」
友B「カツの恨みを買うぞ」ソーダソーダ
オレ「いやいやwなんかソースないと物足りなくt」ツルンッ


ボトリッ!!(カツが机上にダイブ)


全員「あっ………」シーン


オレ「…えーっと、クルリンパ??」箸クルクル
友達「「「それはない」ねえ」あうと」
オレ「ですよね…」
友B「勝ちを得ようとして逃げられるとは期末も安泰だな」
オレ「いや、多分俺だけ勝ち逃げ」


三年が終わりました。
三年後期は履修数が少なかったり、専門科目が人によりバラけたので、
一堂に会して話す機会というのが激減しました。
中には三カ月に一度とかしか会わない友人もいたり。
そんな中でも昼食の一時間が都合の合う数少ない機会でした。
三年最後の昼食も4人と普段の半分だったんですけど、貴重な癒し時間です。
これから研究室にいけば時間が更にバラけてしまうのですごく寂しい。

友「実験レポート終わったー、長かったー」
俺「……おつ……」カキカキ
友「いやー、清々しいなぁ、最高の気分だー」
俺「……」カキカキ
友「今なら空も飛べそうだよーふへへー」
俺「……」カキカキ
友「おいおいー、この喜びを分かち合ってくれないの?」
俺「こっちは終わってねえんだよwコンビニでも行け!」


ーーー10分後コンビニから友帰宅ーーー


友「はぁご褒美ににデザート買ってきちゃった♪」
俺「……おかー……」カキカキ
友「なんだと思う?シュークリームだよ!!」
俺「……」カキカキ
友「あぁなんて愛しい子。デザート界の天使。今から君をt」
俺「さっきからシュークリームに話しかけんなwww」


ーーー10分後ーーー


俺「おわったああああああああ」
友「いえええああああああああ」ガシッ
俺「うーし、お互いに更正し合おうか」
友「うぃうぃー」チラチラパラパラ

俺「あれ、お前一枚グラフ書いてなくね?」
友「くぁwせdrftgyふじこlp!!!!」
俺「〆切まであと一時間しかn」
友「言うなーーー、何も言うなーーーー」


っていうことがありました。つい2時間前ぐらい。
人の表情が豹変する瞬間を久しぶりに見た気がしますw
結局友はグラフを上からなぞってごまかしてましたw


これで大学三年での実験レポがすべて終了。
テストはあと二教科。頑張ります。